ATOKとJust Right!の「第14版」共同通信社記者ハンドブック辞書をインストール | 快適暮らし研究会

 共同通信記者ハンドブック

ATOKとJust Right!の「第14版」共同通信社記者ハンドブック辞書をインストール

技術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

紙の『共同通信社記者ハンドブック』の「14版」はすでに販売されていますが、執筆や校正時に用語の不統一を指摘してくれるデジタルツールの辞書版もとても便利。私もMac版のATOKと仮想PCで動くJust Right6!に「14版」を購入しインストールしました。

 日本語入力システムや文章校正支援ツールなどのソフト開発を手がけるジャストシステムは8月18日に、6年ぶりの改訂となる第14版「共同通信社記者ハンドブック辞書」の販売を開始しました。14版では用字用語の項目に「ジェンダー平等への配慮」も新たに追加されています。この辞書は単体では動作せず、対応するATOK、校正アプリのJust Right!にインストールして使います。

 ATOKでは「ATOK for 「ATOK for Windows」のTech Ver.31以降、「ATOK for Mac」のTech Ver.32以降の環境が必要です。Just Right!はJust Right!7/6シリーズが動作するWindows環境で動作します。私もMac版のATOKと仮想PCで動くJust Right6!にそれぞれインストールを済ませました。

IntelMacの仮想PCで動くJust Right6!に共同通信記者ハンドブック辞書の14版をインストール

 Just Right!では旧版の共同通信記者ハンドブック辞書との共用はできません。14版をインストールを開始すると、旧版は自動的にアンインストールされます。

 『共同通信社記者ハンドブック』はジャーナリズムではバイブルに相当する辞書。この辞書をもとに独自の用字用語集を作成している新聞社もあります。新聞社ではなんらかの用字用語集に準じて記事が作成されます。一般の目に触れることはあまりないですが、通信社や新聞社の校閲部では用字用語を日々精査を重ねているものです。6年ぶりの差分が反映されていることでしょう。(「キエフ」から「キーウ」への変更は今回の改訂で間に合わなかったようですが……)

 『共同通信社記者ハンドブック』では用語だけでなく、記事の書き方や各種資料にもページが割かれています。紙版の方は読み物として便利。ライター、編集者だけでなく、プレスリリースを作成する企業の広報担当者も新しい版の記者ハンドブックを手元に置いておきたいものです。

created by Rinker
¥2,090(2022/09/30 21:27:34時点 Amazon調べ-詳細)
 
タイトルとURLをコピーしました